Index Next

良寛の里

JR越後線出雲崎駅からバス
約7分、出雲崎車庫下車すぐ
 関連ページ 奥の細道/越後路

2003.5.16
CAMEDIA E-100RS



良寛生誕地跡の良寛堂。前は海。


海岸のモニュメント。
江戸時代の出雲崎町は、越後で一番人口密度が高く、多くの人が居住できるように間口が狭く、奥行きの長い妻入りの形式がとられた。また、当時は間口によって税金がかけられていたことから、二間や三間半の家が多く並んでいる。

  きてみればわがふるさとはあれにけり
  にわもまがきもおちばのみして     良寛


妻入り民家の町並み。


良寛記念館入口。


「良寛と夕日の丘公園」にある良寛と子どもの像。