Index Next
鉄輪かんなわ温泉・町歩き   2014/2/5
EOS 5D/24-105

九州横断道路へ向かう国道500号線の鉄輪温泉入口の交差点から東へ入ると、鉄輪温泉がある。
南に向かう「いでゆ坂」という坂道の両側一帯に温泉施設がある。


左手に魚屋さん。朝9時半なので、店を開けたばかりなのか魚はあまり並べられていない。右手には入浴施設が見え、石畳の隙間から湯気が出ている。
鉄輪温泉で最初にシャッターを押した心休まる風景だった。 
                                                           

鉄輪むし湯。鎌倉時代に一遍上人によって開かれた。

渋の湯。むし湯とともに一遍上人によって開かれた。
                                                                                                        

別府に唯一残っている明治時代の旅館・旧富士屋旅館。

旧富士屋旅館前、鶴見岳から噴出した別府石の石畳。
                                                                                          

「熱の湯」近くの瀟洒な建物。

熱の湯源泉跡。
                                                         

地獄原温泉。正面に小さな祠がある。

上人湯。ここにも祠がある。