関連サイト滋賀を歩こう Index Next
堅田の町並み かつては琵琶湖の水運・漁業の中心地としてにぎわった堅田、浮御堂
周辺の湖岸近くに、入り組んだ古い町並みが残っている。
  10/3/16
  K10D


浮御堂がある満月寺。

城山三郎「一歩の距離」文学碑と浮御堂。
                                                     

芭蕉の俳文「堅田十六夜の弁」碑。
元禄4年(1691)8月16日、前夜の義仲寺に於ける月見の
俳座に引き続き、十六夜の月を賞すべく、芭蕉は数名の門
人と舟で堅田に赴き、門人竹内茂兵衛成秀の家に遊んだ。
前夜にもまして盛況だったこの夜の俳席の様を「堅田十六
夜の弁」として記し、成秀に贈っている。

錠明けて月さし入れよ浮御堂

やすやすと出でていざよふ月の雲
                                                               

港橋。

古い道標。

三島由紀夫「絹と明察」文学碑。
「絹と明察」は近江絹糸の労働争議を題材
にしたもので、堅田の情景が描かれている。

すぐ近くに「琵琶湖哀歌の碑」もある。
                                                  
天然図画亭は、江戸時代初期の堅田の豪族三家の一つ・居初(いそめ)氏の書院と庭園。早朝だったため中に入れなかった。
                                                             

昔ながらの銭湯「港湯」

ベンガラ格子の民家も残っている。
                                                                     

一休和尚ゆかりの祥瑞寺。

境内の芭蕉句碑。
朝茶飲む僧静かなり菊の花