Index Next

山口市の茅葺き民家

山口には、茅葺き民家がかなり残っているようだ。SL撮影や山歩きで出かけたときによく見かける。

2001.11.28
CAMEDIA E-100RS



kayabuki-yamaguti-kamurake.jpg (220757 バイト)
山口市仁保の嘉村礒多生家


嘉村礒多の生家は、山口市仁保上郷の県道のすぐ側にあり、江戸末期に建てられた茅葺きの民家。

嘉村礒多は明治30年(1897)に地主の長男として生まれ、昭和初期の文壇で新進作家として特異な地歩を築いて、昭和8年(1933)に36歳の短い生涯を閉じた。作品は、処女作「業苦」「崖の下」「途上」、「一日」、「神前結婚」など。

父母の家に歸つてから二週間餘の日が經つ た。一旦はユキを父母に預けようとの固い決心だつた。お互に孤衾孤眠の淋しさぐらゐ此際ものの數ではなかつたが、でも、自分に難治の病も持つてゐることだし、ユキ無しに自分は斯うしてここまで生きて歩いて來られたかしら? ユキは私にとつて永久にかけ換へのない女である。「神前結婚」

kayabuki-yamaguti-akada.jpg (122152 バイト) kayabuki-yamaguti-niho.jpg (151921 バイト)
山口市赤田                 山口市仁保