Index Next

倉敷市/倉敷川畔 倉敷は一度来ているが、大原美術館くらいしか記憶になかった。雨の火曜日、閑散としているだろうと思ったら、中国系の人たちで混雑していて、写真を撮るのが大変だった。

2015/11/17
EOS 5D



美観地区の入口左手にある奈良萬の小路。奈良萬旅館があったことに由来し、美観地区で最も美しい路地とされている。


大原美術館前の今橋。1926年架橋。石のように見えるがコンクリート製。


日本屈指の所蔵品を持つ大原美術館。1930年設立。

 
大原美術館のレトロな建物。


大原邸裏の路地。右が大原邸。前方には有隣荘の赤い塀が見える。


有隣荘は大原家の旧宅。


有隣荘となりの中国銀行倉敷本町支店。1922年建造、国登録文化財。


旅館鶴形(旧小山家住宅)の塀。白と黒で無駄な装飾がない。


隣りあった2軒の家の間に狭い路地がある。


中橋から倉敷考古館を見る。中橋は1877年架橋。倉敷考古館は江戸時代の米蔵を改築したもの。人のいない風景を撮るためにかなり待った。


2016/3/12


常夜灯と中橋。


中橋と倉敷館。倉敷館は1917年建造の旧倉敷町役場。国登録文化財。


倉敷民芸館は江戸時代の米蔵を活用したもの。むこうは倉敷館。


倉敷川沿いには観光客相手の商家が並んでいる。裏通りや路地など、機会があればまたたずねてみたいと思う。


本町の町並み。以下2016/3/12撮影。


やき鳥高田屋。


襟立制帽所のガラス戸のイラストとその影。


東町の楠戸呉服店は明治期の典型的な町屋建築で、
市指定文化財で国登録有形文化財。


道標。右 由が山 下津井 下村 あらわず観音寺 道
左 吉備津 いち里 岡山道

関連ページ 旧大橋家住宅 旧大原家住宅 倉敷最古の町家・旧井上家住宅は築300年を経過して修復中だった。修復は2018年までかかるようだ。