■Index ■Next

御船(みふね)散歩 御船川の水運と酒造業で栄えた町。1988年 の大水害で、石橋や古い町並み
の多くが失われた。その名残りを求めて、御船町の中心部を散歩してみた。

2015/12/7
K-7



右は1802年建造の民家。このあたりは、1877年の西南戦争の際に戦禍を逃れて2日間だけ熊本県庁が置かれた場所である。


白壁の民家は御船まちなかギャラリーとして活用されている。


マンホールカバーには、五線譜、あゆ、河童が描かれている。


銀行に使用されていた建物だろうか。


土塀をくりぬいたのか、門を活用したものか、車庫がある。


月曜日の8時半すぎ、人通りはほとんどない。


道路に面してたっている地蔵の祠。