Index Next
くど造り民家集落 鹿島市の中心部から国道444号線を5〜6km行ったあたりに、
くど造りの茅葺き民家が点在する三河内の集落がある。
04.9.22
SONY DSC-F828



三河内でまず目に入るのは馬場酒造の煙突。近づ
いてみると母屋と思われる建物がくど造りだった。

                             


馬場酒造の銘柄は能古見(のごみ)


近くの民家の文字鏝絵。


石垣が築かれた広い敷地に母屋が建っている。
                          


山際の杉林を背にして建つ民家。
                       

国道をはさんでむこうに馬場酒造の建物と煙突が見える。

コスモスのむこうにくど造り民家。

  くど造り:棟を幾つにも分けたL型、U型の屋根棟が、後から見た形がくど(かまど)に似ていることから、くど造りと呼ばれる。
        馬の耳を思わせる棟端の突起をみんのす(うまんみみ)、隅棟の突起を下稜先(しぎさき)という