Index Next
旧三戸部家住宅 明治初期建造の農家住宅を伊達市開拓記念館に移築し修復したもので、現存する最も古い開拓住宅。寄棟造、茅葺屋根、釘を使わず組み立てる仙台地方の建築様式。

06.5.26
*istD/16-45




同じ敷地内に保存されている「迎賓館」は明治25年、伊達邦成が北海道開拓の功労者として男爵を授与されたことを祝い建てられ、政府高官の接待などに使われた。