Index Next
町歩き・小野田 小野田へは鉄道の撮影で出かけることが多いが、鉄道以外の場所へ立ち寄ることはほとんどなかった。3時間ほど待ち時間があったので、市内を散策してみた。
2013/2/22
EOS 5D

■小野田セメント徳利窯
JR小野田線南小野田駅の南、踏切を渡ってすぐのところに入口がある。
明治16年(1883)完成の煉瓦造りのセメント焼成窯で、かつては12基あったうちの1基。国指定重要文化財。
 
                                                                                         
■小野田セメント山手倶楽部
若山公園北の住宅地にある。社交倶楽部として大正3年(1914)の完成。
コンクリートブッロク造りの当時としてはめずらしい建築。国指定登録有形文化財。
 
本館とその奥に別館がある。
                                                                                                            
■旦(だん)の皿山
JR小野田線目出駅北東の丘陵地・旦地区には焼き物の生産地があった。
江戸末期から生活用品の皿などが焼かれていたが、近代に入ると硫酸瓶などの工業用品が焼かれるようになった。
                                                                                                                 

リング状の陶製品が敷き詰められた「リング坂」。

硫酸瓶や焼酎瓶を使った「瓶垣」。
                                                                                                                   

廃墟のような風景の中、1本残っている煉瓦造りの煙突が往時をしのばせる。
                                                                 
 
旦の登り窯。長さ約29m、幅約8m。
                                                                        

長州藩士で討幕運動を行い、明治維新後の「萩の乱」の首謀者として処刑されたという前原一誠旧宅への坂道の高い瓶垣。