Index Next
旧大原家住宅 倉敷の美観地区に入って最初に目を引くのが旧大原家住宅で、倉敷紡績の設立し大原美術館を開設した大原家の町家。寛政7年(1795)に主屋の建築が開始され、大正期にかけて増築された。

2015/11/17
EOS 5D



倉敷川沿いに白壁の長い塀がある。


今橋(1926年建造)そばから旧大原家を見る。
雨の火曜日にもかかわらず観光客で混雑していて、大原美術館の建物を背景に記念撮影する人が多く、今橋を正面から入れて撮るのは無理だった。


2016/3/12


旧大原家の石壁。奥に土蔵。


旧大原家の裏路地。旧大原家は内部が非公開なので外観しか見れないが、この路地の建物は見ごたえがある。