Index Next
中山道大湫宿 中山道十三峠から琵琶峠へ、その間にある山間の静かな宿場町。 2010/11/7
K-7


三浦家。国登録有形文化財。

森川家。国登録有形文化財。
                                             

3連の虫籠窓がある旧門田屋。

脇本陣保々家。国登録有形文化財。
                                               

本陣跡の旧大湫小学校。


もう一軒の森川家。国登録有形文化財。

遠ざかる 都と知れば 旅衣 一夜の宿も たちうかりけり
思いきや 雲井の袂
たもと ぬぎかえて うき旅衣 袖しぼるとは

旧大湫小学校入口付近の和宮歌碑。
                                                                 

神明神社の大杉は神明之泉のそばにある。推定樹齢1300年。

観音堂の芭蕉句碑。
花ざかり 山は日ごろの あさぼらけ
吉野で詠まれた句であるが、この句碑は、大湫の俳人たちが
寛政7年(1795)の芭蕉百年忌に建立したものである。
                                                                            

防火用水桶。

宿場西口の高札場。