■Index ■Next
網田(おうだ)焼の里   2015/12/6
PENTAX K-7

国道57号線を三角方面へ向かい、網田中学校を過ぎたあたりで左折し網田焼の里資料館(旧中園邸)をめざす。
国道から資料館まで2km弱、資料館の少し手前から昔ながらの町並みが残っている。

 
集落の入口付近。


屋根に排煙装置のようなものがある蔵。


龍の鏝絵が描かれた蔵。




市指定文化財の旧中園邸を道路から見る。中園家は肥後細川藩の御山支配役というから、代官のような役割ではなかったかと思う。
天保8年(1837)の建物で、建造からやがて180年になる。現在は、宇土市網田焼の里資料館として活用されている。


中園邸母屋。最近修復されたようでピカピカだった。


縁側から座敷を見る。


土間から座敷を見る。


中園邸の蔵。網田焼の陶器が展示されている。



 

資料館から5分ほど歩くと、県指定文化財の登り窯跡がある。網田焼は寛政4年(1792)に開窯され、昭和7年(1932)まで生産が行われていた。