Index Next
中山道坂本宿 中山道随一の難所碓氷峠登り口の宿場町 2010/11/5
K10D

奇怪な岩峰の妙義山を左手に見ながら進み、碓氷関所跡をすぎ、薬師坂を登ると宿場町坂本に達する。

妙義山に日が沈む。
                                                 

復元された碓氷関所門。

薬師坂登り口の石碑。
                                                       

碓氷峠に向かって坂本宿に立つと、正面に刎石山(はねいしやま)が見える。
道幅はゆったりとした2車線で宿場町としてはかなり広い。以前は、道路の真ん中にを水路があったという。
                                               

永井脇本陣跡。

旅籠「かぎや」
                                            

明治41年(1908)8月、碓氷峠を越えた若山牧水が泊まった宿屋
「つたや」。坂本宿はさびれ、宿屋はここ1軒だけだったという。
秋風や 碓氷のふもと 荒れ寂びし 坂本の宿の 糸繰りの唄

宿場のはずれに芭蕉句碑がある。刎石山頂から移設されたもの。
「曠野」におさめられている句で、木曽路で詠まれたものである。
ひとつ脱ぬいて うしろに負ひぬ 衣かへ