Index Next
笹岡家住宅 笹岡家は、江戸時代に近郊9か村の大庄屋を代々勤めた家。
主屋は寛永年間(1624〜43)の建物で、藩主より拝領した松
の木を使って作ったといわれている。

2003.4.11
CAMEDIA E-100RS



庭にはミツマタの花、背後にはヤマザクラの花。



門長屋に掛けられた消火用ポンプ。

片岡家と同様に、笹岡家も見学不可となっている。塀の外から拝見するしかないなと思いながら、笹岡家にむかったところ、庭から煙が上がっていた。門の扉をあけて中に入ると、片岡家の奥様が庭の手入れをされていた。見学を申し入れると、こころよく了承してくださった。手入れの行き届いた庭で、奥様といろいろお話をさせていただいた。