Index Next
関町/関宿 JR関西本線関駅
下車徒歩5分
  2002.5.25
CAMEDIA E-100RS

seki-ienami.jpg (168185 バイト)
宿場町の昼下がり、真夏のような陽射しがまぶしい。


中山道の関ヶ原付近にある不破の関、大津と京都の中間にあり、「これやこの ゆくもかえるも わかれても 知るも知らぬも逢坂の関」(蝉丸)の歌で知られた逢坂の関、そして、ここ鈴鹿関、これらは日本三関と呼ばれている

関の名は、鈴鹿の関があったことに由来する
。ここは東海道五十三次の47番目の宿場町であり、往時の面影をよくとどめている。東の追分から西の追分までは1.8km、のんびりと歩くにはちょうどいい。

  seki-sakaya.jpg (62955 バイト)

seki-mado.jpg (53827 バイト) seki-kousi.jpg (55160 バイト) seki-okeya.jpg (51554 バイト)
町家2階の虫篭窓。      格子の桟が美しい。      しゃれたデザインの桶屋看板。