Index Next
白井しろい宿 観光化されていない静かな町並み   2010/11/1
K10D


白井宿と呼ばれているが、正確には宿場ではなく中世に築かれた白井城を中心とした城下町であり、江戸時代には市場町として発展した。
道の真ん中に水路があり、道の両側に民家が並ぶ姿はまさに宿場である。水路の両側の道は普通車が離合できるくらいの道幅がある。
白井宿をたずねたのは小雨が降る早朝で、6時半ごろから7時半ごろまで静かな町並みをゆっくりと散策した。
                                                           

嘉永二年(1849)に建てられた道しるべ。江戸、日光の文字が見える。

道の真ん中を流れる水路は「白井堰」と呼ばれている。
                                                  

土蔵造りの白壁の町並み。
                                                    
町並みを歩いていると井戸が目立つ。

「嫁に行くなら白井はおよし、田なし水なし井戸深し」とまでいわれたように飲料水が不足していた。水不足解消のために堰のそばに井戸が掘られた。

1km弱の町並みに7か所の井戸が残っている。通りの真ん中に井戸があるのはめずらしい。
                                              

井戸の掘削に私財を投じた叶屋。

白井堰の石の造形が美しい。