Index Next
志和堀の茅葺き民家 東広島市志和堀の茅葺き民家の存在を、インターネットで知った。
2003年夏時点で14棟が現存し、うち3棟が放置されているという。
05.3.20
PENTAX*istD/17-35

山陽自動車道の志和インターから県道33号を北東へ約5キロ、右手の田んぼのむこうに、千代乃春酒造の白壁の醸造場と煉瓦の煙突が見えて来る。さらに少し進んだ交差点の右手角に、登録文化財の時報塔(1922年建造)があり、周辺に6棟ほど茅葺き民家が残っている。おとずれた日は天気予報に反して曇ってしまったが、よく晴れた日にまたたずね、他の茅葺き民家も見てみたいと思う。




時報塔から南へ進み右折した所にある民家。
                                            


左の民家と同じ通りにある民家。千代乃春の煙突が見える。
                                          

千代乃春の精米工場がある通り。左手に見えているのが上に掲載している2軒の民家。

千代乃春の母屋は大きい。


時報塔から東へすぐの民家。左端に時報塔が見えている。


時報塔から北へすぐ、田舎料理のほたる庵。