Index Next
旧数山家住宅     2000.11.29
FinePix


minka-suyama1.jpg (151044 バイト)


minka-suyama2.jpg (48262 バイト)

minka-suyama3.jpg (50820 バイト)
稲麦扱機ー穂からモミを落とす機械

数山(すやま)家住宅は、添田町から英彦山へむかう旧参道の猿喰(さるはみ)という集落にある。
代々の農家で、建築年代は、発見された墨書から1842年であることが判明した。
寄せ棟造り、茅葺、平屋の直屋造り(すごやづくり)であるが、堂々たる外観の民家である。



近くを通り、看板が目に入ったので久しぶりに立ち寄った。軒下に人形が置かれていた。 2016/4/4 EOS 5D