Index Next

八木町の町並み

近鉄八木西口駅から
徒歩約10分
 

2003.4.12
CAMEDIA E-100RS



              

                

美しい造形の屋根瓦。

             


芭蕉は、「笈の小文」の旅で八木町に一泊したときに、「草臥て宿かる比や藤の花」(くたびれてやどかるころやふじのはな)という句を詠んだ。