Index  Next
山口家住宅 佐賀市営バス「大詫間小
学校」下車、徒歩5分。
  1993.6.26


     minka-yamaguti3.jpg (202463 バイト)
     
棟の両端に馬の耳のように突き出た飾り・耳子(みんのす)を持つ
        「じょうご造り」。上に帽子のように乗っているのは煉瓦製。
                                                  

   minka-yamaguti1.jpg (162243 バイト)

山口家住宅は筑後川の土砂が堆積してできた三角州にあり、18世紀から19世紀初頭に建造されたと推定されている。

屋根は「じょうご造り」と呼ばれる構造をしている。上の写真の右手の屋根は、口の字型をしていて下の方はじょうごのようにしぼんでいる。

降った雨が中央に集められ、瓦製の樋によって土間の上を流れ外に排出される。なぜこのような複雑な構造の屋根にしたのか、定かではないという。







←敷石を進み家に入ると広い土間がある。