Index Next
柳井市/古市金屋 JR柳井駅より
徒歩10分
  1995.12.9


yanai-syokahakubutukan-niwa.jpg (79949 バイト)


珍しい町の風景だ。近年、こういう古めかしい場所
がだんだん少なくなっている。……歩いている人間
も静かなものだし、店の暗い奥にすわっている商人
の姿も、まるで明治時代からその慣習(しきたり)を
受けついでいるような格好であった。


と、松本清張は小説『果実のない森』の中で、柳井
の印象をこのように書いている。

柳井は江戸時代中期に栄えた岩国藩の商都で、地の
利を活かし、九州から大坂まで交易を行っていた。
現在の町並みはその頃のものがベースになっている。

←「室屋(むろや)」商家博物館の庭


yanai-kunimori.jpg (106098 バイト) yanai-sagawa.jpg (74433 バイト)
白壁の町並みの中核をなす重要文化財の国森家住宅     佐川醤油蔵の醤油資料館。
(18世紀後半)2009/12/14撮影 国盛家の壁紙1024×768


1995年以来14年ぶりに柳井の町並みをたずねた。 2009/12/14 K-7
            

yanai-mokuzo.jpg (109050 バイト) yanai-itiyama.jpg (104676 バイト)
柳井は国木田独歩ゆかりの地、市山医院の青い洋館のむこうに、独歩の旧宅が資料館として保存されている。
←市立図書館近くの木造の建物。正面には森林組合、右手には教育委員会文化財室の表札があった。
2009/12/14 この二つの建物は見当たらなかった。