森の巨人たち

大王杉(行者の父)



行者杉は、英彦山の修験者たちが筑前から豊前に入る際に、豊前との境界であるこの地で禊をしたときに奉納植栽したもの伝えられている。

平成3年(1991)の大型台風で、行者杉は110本が被害を受けたという。現在375本が健在。主として樹齢200-300年の杉で構成されていて、江戸時代に植栽されたものである。

大王杉は、室町時代に植栽されたもので行者杉を代表する大杉である。

2009/9/9 K-7,*istDS2
   

雪の日の大王杉。 2014/2/14 EOS 5D
   

森の巨人たち次へ