宮本武蔵の旅

巌流島ウォッチング

  

03.10.27
晴れ

PENTAX
*istD


 
   
毎度代わり映えのしない風師山からの巌流島の俯瞰。

ちょうど、ヴォイジャーが巌流島へ立ち寄って、門司港へ帰るところだった。

下の9月の画像と比べると、広場や武蔵・小次郎像のある丘の草が茶色になっていて、秋の到来を感じさせる。
 

03.9.8
晴れ

CAMEDIA
E-100RS



   

今年の夏は8月が冷夏で、9月に入ってから連日、真夏日が続いた。

夏の間は蚊などの虫が多いので山へ行くのはさけていたが、久しぶりに巌流島が見たくて出かけた。関門海峡はもやっていたし、風が弱く、とにかく暑かった。

巌流島には、観光船のヴォイジャや観光客の人影が見えた。

風師登山道で出会った蝶。蝶の種類には疎い
ので、後日調べてみたいと思う。

左の尾羽が欠けていて飛びにくそうだった。
野草の花の蜜を求めてやって来た茶色の蝶が2羽、白い蝶が1羽。

03.5.28
晴れ

CAMEDIA
E-100RS



   

久しぶりに風師山から巌流島を見た。赤と白の縞模様の巌流島灯台が撤去され、何となくのっぺりした感じがする。

朝9時半の巌流島であるが、人影は見られない。10時をすぎれば、天気もよいことだし観光客がたくさんやって来ることだろう。

03.2.27
晴れ

CAMEDIA
E-100RS



   

中国の青島と下関とを結ぶオリエントフェリーは、前々日20時に青島を出て、当日9時に下関に到着する。門司西海岸を車で走っていると、フェリーが巌流島付近を航行中であった。フェリーのすぐ後ろに見えるのが巌流島である。

巌流島灯台は撤去され、巌流島と対岸の彦島に導灯が建てられていた。白い塔が2本見えるのがそれである。

03.2.6
曇り

CAMEDIA
E-100RS



   

急激に冷え込んで、どかっと雪が降った。門司の山々も真っ白になった。大台ケ原の雪景色が見たくて、桃山登山口から雪道を登った。新調した六本爪の簡易アイゼンが役にたった。

大台ケ原は期待通りの積雪だったが、雲が多くて、巌流島は見えにくかった。

久しぶりに巌流島を見た。島の右側の白い部分は積雪である。

02.10.9
晴れ

CAMEDIA
E-100RS


ganryu-021009.jpg (126970 バイト)
   

10月に入り涼しくなったので、久しぶりに風師山へ登った。よく晴れていて視界も良
好だった。

巌流島はあまり変化がない。工事人の姿は見えないが、公園化の工事は完了したのだろうか。

02.8.2
晴れ

CAMEDIA
E-100RS


ganryu-020802.jpg (119641 バイト)
   

各地で35度をはるかに越えたが、北九州では、湿度が低く風があるため、さわやかな1日となった。風がきたないものを吹き払ったかのように、視界がすっきりとしていた。

巌流島のこまかい部分がよく見える。公園化に向けて、作業が着実に進んでいるようだった。

02.7.30
晴れ

CAMEDIA
E-100RS


ganryu-020730.jpg (97687 バイト)
   

門司の片上海岸からは巌流島が指呼の間である。赤と白の縞模様の灯台、広場の赤い土、盛り上がった緑の林が確認できる。

カメラを構えていると、巌流島の向こう側から大きな旅客船があらわれた。船腹には、CITYLINEと書かれている。

02.7.24
晴れ

CAMEDIA
E-100RS


ganryu-020724.jpg (72079 バイト)
   

猛暑のなか、下関の岸壁から間近に巌流島を見たいと思って、埠頭をあちこちまわってみた。

手前の構築物が邪魔になるが、左に灯台、右に緑の小山、後方には門司の戸上山から足立山へと続く山並みが見える。

02.7.16
晴れ

CAMEDIA
E-100RS


ganryu-020716.jpg (182797 バイト)
   

巌流島ウォッチングのベストポジション・風師(かざし)山の別峰風頭(かざがしら)山へは、8合目付近まで車で行ける。8合目からは徒歩約1 0分。

海峡は少しもやがかかっていたが巌流島はよく見える。右側の草地がはぎとられ、赤土が露出していた。造成が始まったようだ。


[宮本武蔵の旅]