むぎ焼酎二階堂の
CMロケ地へ

  大分むぎ焼酎二階堂のCMは、映像・音楽・詩が調和した素晴らしい作品で、1987年から放映された。
 今までたずねたロケ地の画像をまとめてみた。
 取材が不十分なので、ほかのロケ地もたずね、画像を追加していきたいと思っている。
  2020/2/4 記
 
作品のタイトルをクリックするとCM動画を見れます。参考サイト 二階堂酒造/CM

  
1994年「風の棲む街」

その呟きは、やがて街に温もりを宿し、ため息は、懐かしい時間を映し出す。
風が、描く。刻(とき)を、描く。
私は、おいしい風を知っています。



大分県杵築市 志保屋の坂から酢屋の坂を見る。坂の上には大原邸。2009/2/28

  

大分県由布市 湯平温泉の石畳の坂道。1999/9/9

1998年「刻の迷路」〜ロケ地の新地西町は迷路のような町だった

風追い街、誘われ道。
置き去りにされた刻の迷路で、物語は今も続いている。
私の住処は、ここにあります。



山口県下関市 新地西町。2020/2/11
かつて花街があったところで、中央左手には創業100年を超える銭湯「千歳湯」がある。


山口県下関市 新地西町。2020/2/11 通りの中心部にかつての妓楼「花月」。いつまで、ここでもちこたえられるだろうか。


山口県下関市 新地西町。2020/2/11 西の丘にある住宅地。

2000年「風の海峡」〜詩も音楽もよいが画質がよくない

確かな言葉は、誰も持っていませんでした。
海、渡る。
風、渡る。
懐かしさは、不思議な力を持っています。



福岡県北九州市若松区 旧古河鉱業ビル。 2015/1/20



福岡県北九州市若松区 上野ビル。 2015/1/20


福岡県北九州市若松区 若戸大橋と渡船。 2000/3/2

2001年「雨宿り」

刻の我侭に流されて、 私は、記憶の海に辿りつく。
ふるさとは、私の中に流れています。



大分県臼杵市 野上弥生子文学記念館(国登録有形文化財)。白壁の建物は小手川酒造(国登録有形文化財)。2005/4/8


大分県臼杵市 二王座歴史の道。2005/4/8

2002年「父」

私の記憶に、いつも後姿で現れる人がいる。
あの頃、あなたが口にしなかった言葉に、
いつか私は、辿り着けるだろうか。



福岡県志免町 
旧志免鉱業所竪坑櫓(国登録有形文化財) 2009/2/1
おとずれた当時はまだボタ山が残っていた。左下の茶色の山がそれ。まだあるかどうか不明。


福岡県北九州市八幡東区羽衣町 神田橋を渡り、廃業している羽衣町米穀店前からはじまる長い石段。 2020/3/2
映画「釣りバカ日誌10」でもロケが行われた。


福岡県北九州市八幡東区尾倉 尾倉橋梁。九州鉄道大蔵線の煉瓦造りの橋梁で、1891年の竣工。 2020/3/2
これは南から撮影したものであるが、上を道が通っていて立体交差している。カーナビにセットすると、上の道へ出てしまい迷った。


北から撮影。橋梁の上には家屋があり廃屋であろう。右の廃屋と合わせて廃墟感満載で、とても気に入った。
それにしても、「高さ2.0m」という看板が目立ちすぎる。

2003年「遠い憧れ」

錆びついていた時計が、再び時を刻みはじめた。
縺れた糸はほどけ出し、古びた迷路は、一筋の道になる。
麦100%は、私のふるさと。



福岡県佐賀市・大川市 筑後川昇開橋(国指定重要文化財)。決められた時刻に可動部が降り歩いて渡れる。2015/7/24

 
福岡県久留米市 草野町山辺文化会館(国登録有形文化財)。 
耳納(みのう)連山北麓を東西に走っている県道は奈良時代からの歴史の道で、
付近には古墳や古寺が点在していて、どこか、大和の山辺の道に似た雰囲気がある。
2001/4/6

2004年「詩人の島」

水平線を引いたのは、空があまりにも空だったから。
夜空に星を撒いたのは、地球と言う星を忘れそうだったから。
私は私のままでここにいる。





福岡県北九州市 白洲灯台。 2004/5/25
CMは灯台のある浜に上陸して撮影しているが、漁船をチャーターしたのであろう。筆者は、藍島から望遠レンズで撮影した。

2006年「未知の力」

逆らいながら奪われて… 流されながら見失う。
誰もがその戸惑いの中から学ぶのだ。
ああ、 本当の私に 帰っていきます。



大分県竹田市 白水溜池・堰堤(国指定重要文化財)。
「転波」と呼ばれる水が階段状になって落ちる姿はとても美しい。 2004/6/15


大分県竹田市 
若宮井路笹無田石拱橋(国登録有形文化財)。石橋のそばの豊肥本線の鉄橋をキハ200が通過する。 2020/1/15


大分県竹田市 音無井路円形分水。農業用水を均等に分配するための利水施設。2015/3/31

2007年「文字のかけら」

イエスとノー。その二つの間には、何もないのだろうか。
筆を走らせたのは、宙ぶらりんの想いでした。
想いのかけらは、朽ちることなく、ざわざわと、心を揺らします。



福岡県飯塚市幸袋 旧伊藤伝右衛門邸(飯塚市有形文化財)。2020/3/8
明治30年代後半の建築で、筑豊の炭坑王といわれた伊藤伝右衛門の邸宅で、旧長崎街道に面している。


CMにも登場するステンドグラス。同じデザインのものが、3、4か所に使われている。


福岡県飯塚市勢田730 旧松喜醤油屋(飯塚市有形文化財)。2020/3/8
土・日曜日のみ開館しているというので出かけたが閉まっていた。
旧伊藤伝右衛門邸でたずねると、管理人がいないので閉めているとのこと。
明治初期の建築で、明治13年から昭和40年まで醤油醸造
が行われていたという。 参考サイト 旧松喜醤油屋

2008年「消えた足跡」〜詩も音楽も好みです

近道は、遠回り。 急ぐほどに、足をとられる。
始まりと終わりを直線で結べない道が、この世にはあります。
迷った道が、 私の道です。



熊本県美里町 霊台橋(れいだいきょう、国指定重要文化財)。2011/1/23
江戸時代末期の1847年の建造で、1966年まで道路橋として使用されていた。


福岡県北九州市・香春町 金辺(きべ)隧道。 2012/9/24
右が秋月街道。左が金辺隧道で、1967年に金辺トンネルができるまで車はここを通っていた。
2002年頃までは車で通過できたが、今は土砂が堆積し水が溜まっていて、通行できない。

2012年「昭和の母」〜 一番好きな作品です。撮影がデジタル化されたのか、2010年頃から画質がよくなった。

手触りも温もりも、今では失われたパズルのかけらのよう。
未来と引き換えに、奪われてしまった。
雨ざらしの記憶の中で、鮮やかによみがえる人がいます。



福岡県田川市 田川伊田駅。 2015/3/10
CMでは平成筑豊鉄道のホームから日田彦山線の上り列車の進入を撮影しているが、平成筑豊鉄道の列車を入れて撮ってみた。


福岡県甘木市 秋月中学校。 2015/4/2


福岡県田川市 平成筑豊鉄道田川伊田駅、下伊田側の踏切。 2015/3/10  ここからも、竪坑の櫓と二本煙突が見える。

2014年「夢で逢いましょう」〜 いい作品です

あの日から遠ざかるほど、あなたに逢いたくなる。
いくつもの色が重なり合い、 やがてモノクロームになった日々。
甘く、ほろ苦い…すべてが刻まれた場所を教えてほしい。



福岡県北九州市若松区 上野ビル。 2015/1/20  男女が階段を歩く、とても印象的なシーンが撮影されている。

 

福岡県北九州市若松区 白山神社横の階段と白山神社正面の階段。2015/2/17
白山神社正面階段の両側に提灯が設置され、夜のシーンが撮影されている。提灯は演出なのか、祭礼日に撮影したものなのかは不明。


福岡県北九州市門司区丸山 2015/1/18  CMでは、石段の途中で出前持ちの女性が座ってぼんやりと画面右手方を見ている。


福岡県北九州市小倉北区 高浜跨線橋。 2015/1/20  CMでは夜のシーンが撮影されている。


大分県佐伯市 丹賀砲台園地。 2020/8/1 EOS 7DU/10-18  砲台砲塔を見上げるアングルで撮影されている。

2015年「孤独の風」

なぜこの道を歩いてきたのか…目を閉じて、見つめる。
立ち止まったまま、遠くへ旅立つ。
誰かのためではなく、自分のためでもなく、
何かひとつ、あなたの心に残したい。


このCMに登場するのは、古い洋館の外観と内部、そしてひとりの人物である。
洋館は1908年に熊本工業高等学校(現在の熊本大学工学部)の講堂として建てられたものである。
1974年に取り壊しが決まった際に、熊本大学で教鞭をとっていた建築家の木島安史が買い取り、
熊本市から阿蘇市永草へ移築し木島氏の手が加えられ、1979年頃に現在の姿となった。
建物は「孤風院」と名付けられた。1992年に木島氏が亡くなられてからは無住になっているという。

「孤風院」は市ノ川駅近くの、とても見つけにくい場所にあるそうだ。
阿蘇へ行く目的がひとつ増えた。内部は撮影できないだろうが、ぜひ行ってみたい。


SLあそBOYが走っていた頃、雪が降った後に市ノ川〜内牧で撮影したものである。1991/12/30
この風景のどこかに「
孤風院」があるはず。

2017年「人生の特別な一瞬」〜音楽はジャズピアノ

鮮やかに思い出されるのは、いつもありふれた風景だ。
何気ない風景にこそ、旅する私が映し出される。
人生が旅なら、今日も明日も、小さな旅だ。

詩人長田弘はこう書きました。
 「好きな焼酎を口にふくむと、 こころが揺らいできて、 好きな風景がふいに浮かんでくる。 いい旅をしたくなる。」

今日も、グラス一杯の旅に出る。



大分県日田市 温泉街から亀山(きざん)公園への三隈川にかかる沈み橋。沈み橋のむこうには木造の太鼓橋がある。 2009/9/9


長崎県長崎市 浦上車庫付近を行く長崎市電。
2014/4/21
ここはCMが撮影された場所ではないが、電車が渡っている橋や背後の建物を手掛かりに丁寧に探せば、CM撮影場所は見つかると思う。


熊本県小国町下城 鍋釜滝 2006/5/1
下城の滝のすぐ上流にあり、遊歩道から見ることができる。


熊本県阿蘇市 天空の道付近から火口原を見る。2015/9/15
CMは大観峰付近で撮影され火口原の田んぼが映し出されている。
筆者は大観峰より西へ丘を越えて、天空の道を手前に入れて火口原を撮影した。
撮影前日の2015年9月14日、中岳の噴火活動が活発になり、火口周辺への立入りが禁止された。噴煙で阿蘇山の左半分が霞んでいる。

  since 2020/2/4