石造仁王の構図〜福島県本宮市

岩角寺の仁王  10/10/29 PENTAX K-7




 
本宮市と二本松市の境にある岩角山の磨崖仏をたずねたところ、山への入口に石造仁王が立っていた。
東日本で石造仁王に会うのははじめてだった。厳密にいえば、阿吽2体揃った石造仁王を見るのははじめてだった。
ここをたずねる前に福島市の岩屋観音の境内で、吽形像ではないかと思われる石像を見ているが2体揃っていなかった。
明和4年(1767)の建造であるが風化が少ない。
180cm以上はある堂々とした仁王であるが、筋肉隆々というよりはメタボな印象を受ける。

石造仁王の構図次へ