石造仁王の構図〜香々地町

 五柱明神の仁王  2011/10/4 K20D

木浦松観音堂前の大岩付近からを200mほど進むと、左手に登る道がある。西狩場という集落への道である。500mほど登ると道が狭くなるので、そこで車を降りる。

集落の中の道を少し歩くと、民家が尽きて林道となる。一番奥の民家の手前右手に、木の間隠れに鳥居が見える。五柱明神である。

鳥居の向こうに仁王、その向こうに社がある。仁王は窮屈な空間の中に立っていて、光線状態も悪く、とても撮りにくかった。




         あけびの実。割れているのは熟しすぎ→

 

 

石造仁王の構図次へ