石造仁王の構図〜豊後高田市

報恩寺の仁王  07/11/15 *istD


 
応利山登山口駐車場から15分くらい登ったところに、ずんぐりとした体型の仁王が置かれている。
享保14年(1729)の造立で、やがて300年になろうとしているが、像容はまだしっかりしている。
報恩寺の本堂まで約5分。報恩寺は現在無住、報恩寺から応利山の山頂まで約15分。

石造仁王の構図次へ