石造仁王の構図〜香々地町

 伊勢堂の仁王  2011/10/4 K20D

 
県道653号・小河内香々地線の市丸、道路の東側の民家のかどに、「一丸仁王像、200m」という古ぼけた標識がある。標識の道を行くと墓所があり、その先には猪よけの金網が張られている。

ここへは2度来ているが、仁王の場所をたずねようと思ったが人が通らなかった。今回は稲刈りをしている人がいたのでたずねると、猪よけの金網の先にあるという。金網の扉を外して中へ入ってもよいが、必ず金網を閉めるように何度も言われた。

金網の中に入り斜面を登ってゆくと道路に出た。この道路に入る道が分かれば金網を通らずにすむ。道路から少し登ると、小さなお堂と1mくらいの仁王が見えてきた。

表情がユーモラスで好みの仁王である。
 

 




石造仁王の構図次へ