石造仁王の構図〜小林市堤

 岩戸神社の仁王  2012/7/21 K20D

高原駅から国道223号線を北へ7kmほど進み、市道を東へ入った所、市道に面した鳥居の前に立っている。
森の中で湿気が多いのか、石段も鳥居も仁王も苔むしていた。安永8年(1779)の建造。

後ろから見ると、この仁王像の独特の造形がよくわかる。
下半身はほぼ真四角である。


境内にあった双体像。

石造仁王の構図次へ