石造仁王の構図〜国見町

常光寺の仁王


この寺には4対の仁王がある。4対の仁王があるのは国東半島ではここだけではないかと思う。

それぞれ趣の異なる仁王なので、建造された時代や石工が異なるのではないだろうか。

仁王の立ち位置の関係でとても撮りにくかった。ここでは、4対の中で最も彫りが素晴らしい門前の仁王のみ掲載した。 この仁王は安政4年(1857)作。

04/9/18 CAMEDIA/E-100RS

 

■08/4/1再取材
この日は晴天で光線状態が悪く、参道途中の天保10年(1839)作の仁王はうまく撮れなかった。


参道入口の仁王。文化4年(1807)作。


本殿左の神社の前に立つ仁王。天保10年(1839)作。

■09/1/19 すぐ近くの山王宮の恵比寿像を撮影に来たので立ち寄った。


参道入口の吽形像。


参道入口右手の地蔵。

石造仁王の構図次へ