石造仁王の構図〜熊本県出水市

感応禅寺の仁王  2012/1/19 K10D,EOS 7D


肥薩おれんじ鉄道野田郷駅の北500mくらいのところに感応禅寺がある。
建久5年(
1194)、島津家初代忠久が創建し、臨済宗の祖栄西が開山した日本最古の禅寺で、島津家の菩提寺となっている。
通りに面した寺の入口に1基、奥に入ったところに1基の仁王がある。宝暦元年(1751)の建立で、風化が進んでいる。


  



奥のお堂の前にある仁王。


島津家初代から5代までの墓がある五廟社。

石造仁王の構図次へ