石造仁王の構図〜香々地町堅来

堅来八幡社  08/12/25 *istD/K10D



国道213号線の堅来港付近の交差点から県道を南東へ500mほど、県道より一本南の道沿いに神社はある。
ここの仁王は、天保10年(1839)、板井国光作で文化財に指定されている。
像高は140cmほど。彫りは美しいが腕の欠落や首のコンクリート補強が痛々しい。

 


境内の蛭子社の池に架かる蛭子橋/安政6年(1859)


社殿の天井画。

石造仁王の構図次へ