石造仁王の構図〜真玉町城前

城前金比羅宮の仁王  2013/1/31 K10D



上城前の清台寺前の道を南へ。城川橋を渡りヤギを左手に見て進むと、「別十字堂跡の磨崖宝塔」という標識があり、ここを左折する。
すぐ先の墓地の角を道は右へ曲がるが、曲がらすに細い道を直進する。森の中に入ってすぐに左下に鳥居が見える。
仁王像は右手、灯篭と小さな祠の間の斜面にたっている。60cmくらいの小像で、寛政12年(1800)の作。

  



城川橋の橋碑。


牧場にはヤギが2頭。


金比羅宮の彩色が残る十一面観音


別十字堂跡の磨崖宝塔は室町時代の作で豊後高田市指定文化財。

石造仁王の構図次へ|