石造仁王の構図〜国東町岩戸寺字葛原

葛原山神社の仁王  08/4/1 *istDS2


県道655号線から鋭角に県道544号線へ、南から岩戸寺をめざす。県道544号へ入るとすぐに上り坂になり、峠の頂上を越えた少し先の右手にコンクリート舗装された林道がある。入口に進入禁止の道路標識があり、「林業関係者以外通行禁止」と書かれている。ここからは徒歩。林道を7〜8分ほど進むと左手下に鳥居が見えてくる。仁王は鳥居の前に立っていた。文政11年(1828)の造立で、像高は90cmほど、金剛力士の文字が印象的である。


仁王の傍らにはいくつか石造物があったが、その中に青面金剛の庚申塔があった。
 

石造仁王の構図次へ