石造仁王の構図〜安岐町糸永

南権現宮の仁王  2013/1/31 K10D



安岐町糸永の南という集落にある。
道路から見上げると棚田の向こうに一部が欠けた鳥居が見える。近づいてみると、扁額には山神社と刻まれている。
鳥居をくぐって山道を少し登ると境内。社殿に向かって右手に2体並んで立っている。
弘化5年(1848)の作。風化や欠損がなくとてもきれいである。足元に狛犬を従えているのもほほえましい。
仁王が向いている方にも鳥居があり、こちらが表参道のようである。


 

石造仁王の構図次へ|