石造仁王の構図〜大分市永興城南西町

臨在寺別院の仁王  2013/2/1 K10D


いぼ地蔵の呼称で親しまれている臨在寺別院の入口にたっている。建造年は昭和12〜13年頃(1937-38)。
別院という名からもう少し大きな寺院かと思っていたが、庵のような小さな堂があるだけだった。
カーナビでは薬師寺となっていたが、住宅団地に迷い込んだりしてなかなか行き着けなかった。仁王像は雨に濡れ光っていた。




 

石造仁王の構図次へ