石造仁王の構図〜大分市岡川

霊山寺(りょうぜんじ)仁王  2013/2/1 K10D


県道大分・大野線の田尻小学校付近から舗装された登山道を約3km、標高596mの霊山の中腹、標高360m付近に霊山寺がある。
ここは、九州西国観音霊場第8番札所、和銅元年(708)創建の古刹である。
駐車場からすぐのところに朱塗りの門があり、石造仁王が安置されている。
当初は300mくらい下の参道にあったものを昭和49年(1974)に現在地に移築したそうだ。建造年は不明。



 


彫刻が見事な山門。


大きな数珠がぶら下がる本堂。


登山道の途中で見かけた青面金剛庚申塔。


登山道脇には仏像が彫られた丁石が残っている。

石造仁王の構図|次へ|