石造仁王の構図〜大田村

歳神社の仁王  07/1/12 *istD


安岐ダムの湖尻の少し西、県道が交差する地点付近から少し南に入った森の中に歳神社はある。
元禄8年(1695)の銘の古い鳥居をくぐり、石段を上りきった所に向かい合わせに仁王が立っている。

まげを結ったような形をした頭、大きな鼻をした迫力のある顔、阿形には朱色の彩色が残っている。


吽形の腰には享保17年(1732)の銘がはっきりと残っている。

     


     

石造仁王の構図次へ