フォトギャラリー

貝島の煙は消えず

  貝島炭鉱専用線 六坑〜宮田


石炭のふるさと筑豊から最後の炭鉱が消えてしまった。

九州の国鉄線上からSLが完全に姿を消したあとも、筑豊の片隅で煙を上げていた2両のアメリカン・ロコモティブと2両のドイツ・コッペルは、いま、庫の中で静かな余生を送っている。

「貝島を撮る」ことは、決して心弾むものではなかったが、今となってみれば、ただ、むなしさが残るばかりである。

四季折々の風景とそこで働いていた人々とともに、貝島の煙は消えることなく、私の心の中で、長い波紋を描きつづけるだろう。

『鉄道ピクトリアル』1977/6月号


ボタ山をバックに
菜の花畑近くの築堤を行くコッペル32号。1976/4/24


石仏のある丘から。1975/12/20


好撮影ポイントだった鉄橋を渡る。1976/1/31


桜のむこうをコッペル31号がのんびりと走る。1976/4/10


六抗駅、中央にアルコをはさんでコッペルが2両。右側のコッペル32号が発車する。1976/4/24


アルコの発車。1976/1/15


アルコに人が乗る。1976/3/6


貝島炭鉱専用線で
初めて見た雪景色。正面に見える大之浦鉱のボタ山も雪化粧。1975/2/20


[
鉄道フォトギャラリー]