桜紀行/2001

福岡県の桜並木

行橋市今川河畔、勝山町仲哀公園、北九州市小倉北区足立公園、
北九州市小倉南区安部山公園、北九州市門司区和布刈公園、添田町英彦山表参道

● 今川河畔 2001.4.1 CAMEDIA E-100RS

fukuoka-imagawa2.jpg (128881 バイト) fukuoka-imagawa1.jpg (120211 バイト) 今川は、英彦山山系を源流とし周防灘に注ぐ。

河口の行橋市今川河畔は、市民公園として整備され遊歩道が設けられて、釣りや散歩を楽しむ人たちでにぎわっている。

春になると、土手を桜と菜の花が彩り、明るくはなやかな雰囲気につつまれる。

● 仲哀公園 2001.4.1 CAMEDIA E-100RS

tyuai1.jpg (142254 バイト) tyuai2.jpg (131053 バイト)

旧仲哀隧道へのつづら折りの坂道の両側に約800本の桜の木が植えられ、春になると斜面全体が薄紅色に染まる。おとずれたときは、8分咲きくらいであった。

● 足立公園 2001.4.5 CAMEDIA E-100RS

fukuoka-adati1.jpg (147926 バイト) fukuoka-adati2.jpg (93910 バイト)

足立公園は、森林公園として親しまれている。
約2300本の桜があり、公園の中心からメ
モリアルクロスまでの桜並木が素晴らしい。
 

● 安部山立公園 2001.4.5 CAMEDIA E-100RS

fukuoka-abeyama1.jpg (175979 バイト) fukuoka-abeyama2.jpg (126901 バイト)

安部山公園へ上がって行く道に、延々と続く桜の並木。公園内の緩やかな斜面をおおう桜。約700本と言われる桜が、安部山一帯を美しく彩っていた。

● 和布刈公園 2001.4.5 CAMEDIA E-100RS

fukuoka-mekari2.jpg (147536 バイト) fukuoka-mekari1.jpg (103226 バイト)

関門海峡をはさんで、下関側にある火の山公園、門司側にある和布刈公園、どちらも桜の名所として知られている。どちらからも関門海峡が見え、開放的で気持ちがいい。

和布刈公園は、古城山を頂点として、和布刈神社周辺の海岸線を含めた広大な公園である。公園を周回する一方通行の道路沿いに、ソメイヨシノとオオシマザクラの桜並木がある。

● 英彦山表参道 2001.4.10 CAMEDIA E-100RS

fukuoka-hikosan1.jpg (196788 バイト) fukuoka-hikosan2.jpg (180256 バイト)

表参道の基点・重要文化財の銅鳥居(かねのとりい)から奉幣殿までの約1kmは、石畳と石段で、両側には坊跡の石垣が続いている。

ここの山桜の並木は、桜の馬場と呼ばれ、約200年前に関白二条良実によって寄進されたものであるが、やがて枯れ、今の桜は、明治41年(1908)に植えかえられたものである。したがって、樹齢は100年近い。


[桜紀行][次へ]