桜紀行2002

山口県美東町/シダレザクラ/町指定/樹齢130年以上
2002/3/28 PentaxMZ3

長登(ながのぼり)の枝垂桜


naganobori1.jpg (202226 バイト)

ンターネットで絵堂権現山の山行き記録を探している時に、近くにこの桜があることを知った。例年、4月6日頃が満開のようだ。今年は開花が1週間くらい早いので、3月28日に様子を見に行ってみると満開だった。

国道480号線を北へ、長登銅山跡の標識に従って県道へ左折して直進すると、枝垂桜の標識が見えてくる。

おとずれた日は、桜の下で婦人会の宴会が行われていて、弁当を食べ終わるとカラオケがはじまった。まことに日本的な風景である。

枝垂桜は、ソメイヨシノよりも紅を帯びているものが多く、この桜も美しい桃色をしていた。

naganobori2.jpg (217368 バイト) naganobori3.jpg (178050 バイト)

近くにはこんな所が。 

枝垂桜がある長登は、かっては銅山があり、明治維新直前の戦場となった所である。

長登銅山の歴史は7世紀末にはじまり、8世紀中ごろには奈良の大仏建立に、長登の銅が使われた。以来千年余、1960年まで銅の採掘が行われた。一方、明治維新直前の戦いは、長州藩の保守派と改革派の戦いで、約10日間の戦争ののち、高杉晋作率いる改革派が勝利した。この戦争は、「大田・絵堂の戦い」と呼ばれ、1865年1月のことであったが、周辺には騎兵隊本陣跡など戦跡や記念碑が残っている。

naganobori-kouguti.jpg (54366 バイト) naganobori-dozan.jpg (56387 バイト) naganobori-gongen.jpg (56513 バイト)
長登銅山の坑口跡。       花の山精錬所跡。        銅山跡付近から見る権現山。


[桜紀行][次へ]