桜紀行2004

長野県高山村/エドヒガン/樹齢500年/村指定
04.4.20-21 PENTAX Z-5/28-70/80-200 SONY DSC-F828  CAMEDIA C-5060WZ

黒部のえどひがん桜



夕暮れの逆光線の中で。壁紙 1024×768

2004年の桜旅で最も印象に残った桜。田んぼの中に立っていて、日当たりがよく、朝夕の逆光線の中に輝く姿はとても美しい。撮影スペースも十分にあり、カメラマンの数がそれほど多くないので、じっくりと桜を楽しむことができる。


まだ明るさの残る中、ライトアップ。


朝のさわやかな空気、桜、そして雪山。


朝の斜光線に輝く。


桜の根元は巨樹の顔。





|桜紀行|次へ|