桜紀行2004

北九州市小倉北区/シダレザクラ/樹齢約30年
04.4.12 DSC-F828

妙見神社の枝垂桜





この枝垂桜は5分咲きくらいの蕾が残っている頃が美しい。満開をむかえるとご覧のように白っぽくなってしまう。

桜の下でピカピカの1年生が記念写真を撮っていた。プロと思われる人が三脚を立てて中判カメラで撮影していた。撮影が長びいて、まわりの人がじろじろ見るものだから、1年生は泣きべそをかいた。和服の若いお母さんが涙を拭いてやりながらなだめていた。イラクで人質がまだ解放されていないこの日、日本では春爛漫の風景が展開されていた。

|桜紀行|