桜紀行2006

三次市・東広島市
シダレザクラほか

06.4.8-11 *istD

 国道375号線にはしだれ桜が多い。沿線には、三和町、豊栄町、
 福留町などの町があったが、今は三次市と東広島市に統合されてい
 る。おとずれた時期が少し早く、満開にはまだ早い桜が多かった。

桜街道R375

                            
●美波羅川堤防の民家
 R375から美波羅川の対岸、三次市三若町あたりで見事なしだれ桜が見え
 た。しだれ桜の下には、何かの記念碑が立っていて椿が華をそえていた。







 


●善立寺付近の山桜
 美波羅川のしだれ桜から少し南に行くと左手の山麓に山桜が見える。
 この桜は近くで見るより遠くから見た方が美しい。







 

●川西のしだれ桜
 国道をはさんで上の山桜の反対側、川西の集落の中にある民家にもしだれ桜
 があった。まだ若い桜だが豊かな花を付けていた。







 

●敷名のしだれ桜
 旧三和町敷名の天満橋付近の民
 家に咲くしだれ桜。満開をむか
 えていた。




















 

 
●糸代ざくら
 旧三和町流田にあり、満開の時
 期であれば国道から一目で分か
 る。残念ながら咲き始めたばか
 りだった。樹齢130年で、
 「糸代さん」という人の名前を
 この桜に付けたようだ。


 
 すぐ近くにある茅葺きの納屋。






 

 
●松崎のしだれ桜
 旧福富町へ入ってすぐのところにはしだれ桜が数
 本ある。この時期はコブシや椿も美しい。








 




桜紀行次へ