桜紀行2013

 桜旅2013

●八坂湖畔の桜
岐阜県下呂市金山町岩瀬 2013/4/11 EOS 7D
馬瀬川第二ダムによってできたダム湖のほとりには、400mにわたって樹齢40年ほどのソメイヨシノの並木がある。

●旧白川町立大山小学校
岐阜県白川町 2013/4/10 EOS 7D
今は廃校となった昭和9年(1934)建造の校舎は、見知食作館(みちくさかん)という公民館で大工の養成学校にもなっている。
かつては小学校の敷地であったと思われる場所にソメイヨシノの古木があった。

●県道68号線赤川沿いの風景
岐阜県白川町 2013/4/10 EOS 7D
桜と桃がいっしょに咲いていた。時間があれば、後ろに見える棚田を歩いてみたかった。

●笠置峡付近の桜
岐阜県恵那市笠置町 2013/4/10 EOS 7D
笠置峡は笠置ダムによってできた木曽川の峡谷。紅葉の名所として知られているようであるが、河畔の桜もきれいだった。

河畔の山桜。

椿と桜。

河畔の県道68号線から高い位置にある桜が目に入った。
近づいてみると、棚田の上に咲く山桜だった。

 

●国道257号線から見た桜
岐阜県恵那市岩村町 2013/4/10 EOS 7D
この撮影場所ははっきりと覚えていない。国道257号線を岩村町から上矢作町へ向かっているときに右手に見えた風景である。
一旦通り過ぎたが、どうしても気になって引き返し撮影したものである。

●戸田峠
(へだとうげ、愛称は霧香峠むこうとうげ) 静岡県沼津市 2013/4/6 K20D
伊豆半島西海岸の沼津市戸田から伊豆市の修善寺へは長い登り坂となる。

坂の頂上の戸田峠から振り返ると、山桜がきれいだった。

●日本平の山桜
静岡県静岡市 2013/4/5 EOS 7D
日本平の展望台付近に、童謡「赤い靴」の銅像があった。
右手のソメイヨシノは散っていて、左手の山桜は散り始めだった。

和装の女性が洋装の女の子の手をとっている。
台座には歌詞が刻まれている。
赤い靴はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった

「赤い靴」の女の子・岩崎きみは、日本平の麓、現在の静岡市清水区に生まれたことから、ここに記念碑が建てられた。



日本平、日本観光地百選首位当選の碑。
晴れていたが、富士山は雲の中だった。

●不動寺の姫しだれ桜
静岡県浜松市浜北区 2013/4/4 K20D
万葉公園付近にあるという万葉歌碑を探していて、この寺へ迷い込んだ。
万葉歌碑は見つけられなかったが、美しいしだれ桜に出会えた。



●音羽川の桜並木
愛知県豊川市 2013/4/4 K20D

旧東海道御油宿付近にある。3月末が満開だったということで、かなり散っていた。

●日田彦山線大行司駅
福岡県東峰村 2013/3/26 K-7



●道の駅竹田
大分県豊竹田市 2013/3/25 EOS 5D

●炭竃の沈下橋
大分県豊竹田市 2013/3/25 K-7

●大野町の山桜
大分県豊後大野市大野町田中 2013/3/25 EOS 5D
国道57号線を西へ向かっているときに目にした。


●仙の岩
大分県宇佐市安心院町 2013/3/25 EOS 5D

国道500号線から湯布院へ向かう県道沿いにある。このあたりではよく知られた景勝地。
説明板には、国指定「名勝耶馬渓」仙の岩と書かれているから、山国川沿いでよく知られた耶馬溪の一部なのだろう。

桜紀行