桜紀行2013

醍醐寺は豊臣秀吉が「醍醐の花見」で創建した巨刹。広大な敷地にはたくさんの桜が咲く。霊宝館、五重塔・金堂がある伽藍域、三宝院の順にまわったが、桜は満開を過ぎていた。3月末が見ごろだったようだ。

醍醐寺の桜

京都市伏見区醍醐
ソメイヨシノ、シダレザクラほか
2013/4/3 9-10時半 EOS 5D

  

霊宝館前の桜並木。右手奥は黒門、左手前に霊宝館がある。石畳に花びらが落ちていた。
                          

霊宝館の古木。風に花びらが舞っていた。
                         

伽藍域への入口、西大門(仁王門)。

国宝の金堂。

  

醍醐寺で最もよく知られているのは三宝院のしだれ桜。半分くらい散っていた。
                                                 

三宝院の桜の苑・憲深林苑の桜風景。
                                         

総門付近のしだれ桜。若木であるが、花付きがよくとてもきれいだった。

桜紀行次へ