桜紀行2013

国道41号線の焼石駅の南にある飛騨川にかかる中原大橋を渡って約2km。看板が出ているので分かりやすい。駐車場や臨時トイレが完備されている。もとは3本だったそうだが、2本の古木が水田に姿を映している。満開を過ぎてかなり散っていた。夕方と早朝の2回撮影した。

苗代なわしろ

下呂市和佐野
エドヒガン/樹齢400年
県指定/飛騨・美濃さくら33選


■2013/4/10 18:35-19:10 EOS 5D
現地へ着いたのは4時半ごろだった。ライトアップまでには2時間くらいある。
撮影場所を確保するため、駐車場からすぐのところにある桜ヘむかう。畦に設けられたデッキにはたくさんの三脚が並んでいた。
平日であり、桜のピークをすぎているのかデッキにはまだスペースがあった。
近くのお母さんたちが出している店で、うどんと団子で腹ごしらえをしてライトアップを待った。

 

 

 

■2013/4/11 7:40-8:00 EOS 5D
前夜の撮影の際に、座布団に座って撮影したが、その座布団を置き忘れてしまった。
赤と黒のチェックの座布団で、娘が小さい頃にピアノのイスに敷いていた座布団で、今は車に積んで孫娘が使っている。
なくなっていたら困るなと思いながら翌朝現地へ行ってみると座布団は無事だったが、霜か夜露にぬれたのかぐっしょりしていた。

 


桜紀行次へ