桜紀行2018

2018年春に一番見たいと思っていた桜。写真では一本桜のように見えたが、実際には6本のソメイヨシノの中央付近の1本だった。
別府市と大分市の境界近く、両郡橋の陸橋のすぐ東から山手に入った公民館の先に公園があり、海側に6本のソメイヨシノが植えられている。

両郡橋の桜

別府市両郡橋
2018/4/3 14時すぎ 晴れ
K-7/16-85

     

公園の入口付近から見た6本のソメイヨシノ。なお、公園内には駐車できる。






桜のすぐ下に日豊本線が走っていて、その先に国道10号線が通っている。国道10号線の先は別府湾で、海の青と桜の薄紅色が美しい。
ここのソメイヨシノは少し遅れて咲くので、ほかの場所のソメイヨシノが散り始める頃に満開をむかえる。


山側にある若いソメイヨシノの下から海側の桜を見る。




少し離れた山側の小高いところに一本桜があった。この桜も美しかったが、うしろの高崎山の桜も美しい。

桜紀行次へ