桜紀行

 九州/中国の桜

一心行の大桜・浄専寺の枝垂桜・神原の枝垂桜

sakura-issingyo.jpg (115433 バイト)
                阿蘇の山並みを背に立つ山桜「一心行の大桜」
                             (98/4/5 熊本県白水村/樹齢400年)

       
sakura-jyosenji.jpg (101600 バイト)  sakura-kanbara.jpg (73026 バイト)
         九州最大、浄専寺の枝垂桜           広島市郊外の山中、神原の枝垂桜
       (98/4/5 宮崎県五ヶ瀬町/樹齢250年)         (97/4/12 広島市/樹齢200年)

    阿蘇の白水村に、見事な山桜があることを知ったのは、1996年であった。

    翌年、開花を心待ちにしていたが、水不足のために、とうとう花を付けなかった。
    翌1998年4月5日、満開の大桜を見ることができた。

    その日は、九州道を南下し、熊本県の御船から東へ向かい、宮崎県五ヶ瀬町の浄専寺をたずねた。
    浄専寺の枝垂桜は満開を迎えていた。花の満開、好天、日曜日が重なったため、九州各地からの見
    物客でにぎわっていた。

    高森峠を越えて南郷谷に入り、大桜のある白水村をめざした。
    白水村は、名水をおとずれる人が多いが、この時期は大桜見物でにぎわう。

    当日も大変なにぎわいであった。
    大桜は広い畑地に立っているが、周辺の畑地はすべて駐車場や売店となり、大桜を大勢の見物客が
    取り囲み、弁当を広げる様は壮観であった。