桜紀行

仁淀の枝垂桜

高知県仁淀村中越家/樹齢200年/村指定 99/4/1

    sakura-niyodo1.JPG (34244 バイト) sakura-niyodo2.JPG (32334 バイト)
     中越家の枝垂桜 PentaxZ5p/28-70mm 3分咲きくらいか PentaxMZ3/マクロ100mm

sakura-niyodo3.JPG (60190 バイト)
       枝垂桜は見る位置によって色々な表情を見せてくれる PentaxMZ3/マクロ100mm

        仁淀村には、2本の枝垂桜がある。よく知られているのは、中越家の樹齢200年の枝垂
       桜である。今年は開花が昨年よりも遅く、まだ3分咲きくらいであったが、花見客やテレビ
       局の取材でにぎわっていた。

        幹が高く伸びているため、地面に届くほどの枝垂れではないが、美しいピンク色はまさに
       桜色であり、満開のときはさぞ美しいことだろう。

        もう1本は、中越家へ行く途中の市川家にある。この桜は、花びらが白く、満開を迎え、
       地面に届かんばかりに垂れている。道路と前庭の中間に立っているため、道路からすだれを
       かき分けるように前庭に入って行く形になる。実に見事な枝垂れである。

     
sakura-niyodo5.JPG (58157 バイト) sakura-niyodo4.JPG (54436 バイト)
     市川家の入口に立つ枝垂桜 PentaxMZ3/43mm  地面に届きそう PentaxMZ3/43mm